ししゃもでごはん

長門さんが大好きで、明後日の方向に向かうししゃものししゃもの為のブログ
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
とらっこ

ちょっとグレースケールの練習中でございます。
大好きなSAIにはグレースケールがないのでございます!
なのでフォトショップ使ったり、SAIでグレースケールのチャートで塗ってみたりと色々やってますが、ちょっと泣きそうです。
しばらくはモノクロな感じの絵が続くと思います。
あるいはちょっと更新が途絶えるかも知れませんですよ。


さて!!
ヤングエース6月号が発売したのです。
ということで「長門有希ちゃんの憂鬱」11話の感想なのです。
クリック de ネタバレ!

とりあえず!最初から、朝倉さんとキョン君近いよ!近いよ!
シャーペンでつついてからのコミュニケートって、ハルヒが良くとってた方法ですよねぇ。
ハルヒ不在をひしひしと感じさせるそんな導入で、朝倉さんと長門さんが部活に出られないのをキョン君に告げるわけですがって、休憩時間に話しなさい!委員長!w

そしてなんとも都合よく、古泉君も不参加で、今日の部活はハルヒとキョンがふたりきりですとー!
二人で(というかハルヒに強制的に連れられて)、二人で不思議探検。
この寒いのに(劇中は2月です)、川に入って大真面目にカッパ探しのハルヒに、成り行きで手伝うキョンと、ハルヒを肯定する台詞にハルヒが今までになかった表情を……。
その一方では、キョンの為に朝倉さんとチョコを作る長門さん。

バレンタインを翌日に迎えて、このこの対比的急展開は……orz

ハルヒの出現でやきもきしてたけど、なんだか大丈夫そうだった!杞憂だったと思ったところに、これですよ!
上げて落とすですよ!(違う?)
確かにライバルとかいないとお話としては盛り上がりませんが、有希ちゃんはハートフルコメディ路線で行ってほしいところなのですよ。

ちなみに残念な子であるししゃもは、バレンタインに手作りチョコレートを作ったことはありませんが(チョコ好きな人と付き合ったことないのでクッキーとかにしてた)、それでもテンパリングという言葉くらいは知ってるよ!長門さん!
でも電子レンジ便利よねー。
パウンドケーキとか、フォンダンショコラとかでちょっと溶かすくらいの時は、電子レンジが便利ですよっ。

しかしやきもきするであります。
来月号どうするの!どうなるの!
このキョンは相手を否定しないので、どっちにも良い顔して泥沼になりそうな気がするけど、原作のようにきっとちゃんとした気持ちは揺らがない人に違いない。うん。
ちゃんと長門さんを見てあげてね、キョン君(;_;)


そしてヤングエースは相変わらず他の作品も面白いのであります。
(毎度上げているタイトルは安定の面白さですし)

でも今回気になったのが、新人さんの作品。
ならびに新人賞の方への漫画家さんの寸評が面白いです。

いろんな方が「連載前提で話を作るな」と口を酸っぱくして言ってらっしゃいますね。
特に田島先生の「続きを描くチャンスを得る為にも、出し切っちゃった方が良い」との総評が印象的でした。
エースに載っている「おにころし」にも、複数の方がそう評価してます。
主人公の普賢の師匠のエピソードの絡め方はとても良かったけど、弥勒さんの動悸が弱すぎる。
弥勒さんがそうなったエピソードと、普賢を助ける気になったものを絡めればまとまったと思うけど、それを明かしたくなかった(以降のエピソードで語りたかった)のかなぁと思ったり。
人物は抜群に上手いし、話の作り方も上手いんですけどね。
(特に弥勒さんはとても好みです!!)

ハルヒの「憂鬱」も、あれも伏線というか、語りつくされないエピソード満載でした。
でも完結した作品として読める。
それは「ボーイミーツガール」として、とても良くまとまってるからなのかなぁ?と思ったりしますが、実際どう評価されてたりしたのかなぁととても気になったりしました。
(もちろんそれらがスパイス程度になる程、キャラつくりと設定の特異性、文章力やそれに伴う求心力というのが半端なかったからだとは思いますが、確かに「憂鬱」単体で見ると、長門さんがキョンに拘る理由も、みくるちゃんの思わせぶりなところも解らないところだとは思いますし)

投稿作品としてその世界を完結させることと、次につなげる何かを残しておくのって、なかなか相反してる気がするし、やっぱりそれなりの広がりがあったほうが、面白いとは思うんですよね。
それに投稿作品って、それなりに時間がかけられるので、作者の中では自由にキャラクタを遊ばせられる時間があるから、作者にも愛着があるだろうから、その一作だけで終わらせたくないって気持ちは大きいだろうし。

オリジナルって、大昔に黒歴史的なものと短編をあわせて数本しか書いたことないんですが、やっぱり何か書いてみたいという気持ちはあるので、色々参考になります。

オリジナリティで絶賛されていた、「ネバーランド」が読みたくて(後ハルヒちゃんの長門さんが可愛い!!という情報もらったのもあったし)エースの方も買っちゃった。

昔から新人賞とかなんとか大賞って好きなんですよねー。
「ブギーポップ」も「キノ」も、「サクラダリセット」も「ミミズクと夜の王」に「塩の街」とか、「~賞受賞」で買った文庫って結構多いです。(みんなラノベですが)
文庫で買ってしまうので、あまりそういった作品がどう評価されてその賞を得たのか良く知らないので、評価と作品をあわせて読める、雑誌という形態ってやっぱり面白いなぁとしみじみ思ったのでした。
拍手する
コメント
この記事へのコメント
最近は本当に練習頑張っておられるようで、お疲れ様であります。
無表情でがおー言われても微笑ましいだけで怖くないww
ほっぺた引っ張りたくなるなーこの長門さん。

>有希ちゃん
いやー今回はどうもダメでした。私、こう言う展開すごく苦手で…
ドラマとかでも三角関係ぽくなると見るの辞めちゃうタイプですw
なんというか、胸をちくちく突かれるような感覚がっ。

ハルヒさんにあんな顔させてしまえばタダの咬ませ犬にも出来ないだろうし、見事に惚れてるし。
キョンが未だそういう素振りを見せないところが救いですが。
こういう路線で長キョンにするとなると、先にハルヒに告白させてキョンに気付かせる展開あたりかなぁ。
紐ビキニの話が未来にあるのなら、さほど心配の必要もないのかもしれませんが、それでも…ねえ!

しかし、ハルキョンの裏側で何も知らずに微笑んでる長門さんがもう見てられない!
こっちの長門さんには悲しい顔してほしくないですよ。いえ、どの長門さんにもして欲しくないけど!

チョコ好きなのに貰ったことはあまりry
若い頃はティラミスとかキャラメルとか風変わりなものを頂くことが多かったです。
しかし……長門さんと全く同じことやったことあるのであそこは笑えなかったw
チョコを溶かそうと電子レンジに放り込み、見事に焦がして台所中に煙もくもく。母親にこってり叱られた苦い思い出があります。
湯せんという単語を知ったのはその後のこと。当然テンパリングという言葉も知りませんでしたよっ。


他の作品も良かったですねー。
まかまかの相変わらずのテンションには何故か安心させられるし、アネキはもう美咲が大暴走でどうしようもないしw
そういえばマーダスなんとかはまだ打ち切られてなかったでしたっけ。もはや確認すらしなkry
2010/05/09(日) 02:35:53 | URL | ながといっく #-[ 編集]
感想というか印象は前回語ったけど
おはようございます。
やっぱ、ぷよ先生からしてもみくるはライバルに仕立てるには難しいのでしょうね。だって、キャラが被ってるし。
鶴屋さんはみくるの味方だし、朝倉委員長は長門の味方。
となると消去法でハルヒしか残ってなかったのかなぁ。
でも、ぷよ先生が三角関係というか恋敵を作るって言うのは想像できなかったですね。


さて、なんとか賞について話しておられますが、谷川先生もスニーカー大将受賞者だし、私が尊敬してやまない神坂先生もデビュー作は富士見書房の受賞作品でしたけど、最近は賞を取ったからって本当にその作品は凄いのか?という疑問を持つようになりまして、というのも(漫画ではございますが)『ハヤテのごとく!』の作者・畑健二郎先生が漫画賞とまったく無縁で同人で頑張っていたのに、気づけば長期連載を持ってアニメ化まで登りつめましたから。
賞を獲る作品もすばらしいのは確かですけど、でも賞がなくても人気が爆発する作品もあって、こういう感受性の世界はやっぱり読者がメインなんだなと思わされました。出版社のプロの目で見て賞を獲得したとしても、同人から這い上がってきたとしても、持込みがたまたま編集者の目にとまったとしても、いずれにせよ、それは本職に踏み込むきっかけであって、そこに優劣は存在しないのかもしれませんね。
2010/05/09(日) 07:39:08 | URL | あまぎ #77ZW8tZA[ 編集]
ながといっく様
色々心配で夜も眠れず、朝お寝坊なししゃもです。

>>ながといっく様

いえいえ、身から出た錆というか、藪をつついちゃって何か出たというか、雉も鳴かずば打たれないのに!という感じです!w
しばらくいっぱいいっぱいなので不義理をしてしまう気がしますが、ししゃもマジ小物wwwな感じで赦してください!

>有希ちゃん
気持ちはすごくわかります!
わたしは、いたずらをしたりドジや立ち回りが苦手なキャラクタがいるお話が駄目でした。
その主人公が怒られるんじゃないかと思うと、居ても立ってもいられず、アニメとかならテレビを消しちゃう感じでw
ハラハラドキドキするそこを楽しむんだろう!とも思うのですが、もう駄目なのですよね。

そうか、紐ビキニの未来がそう遠くない先にあるというのなら心配ないのk……ってあれ?
夏になってもこの関係はそのまんまってこと?w

ほんと、こっちの長門さんには悲しい顔をしてもらいたくないです。
そうでなきゃ、わざわざスピンオフとうかリビルドというか、する意味ない筈!(そこまでいう!)
何があっても最後はハッピーエンドって言ってくれるなら、笑って読めるのにー。

>チョコ
昔は割と、HOW TO 漫画が多かったような気がします。
わたしも漫画で知ったクチですw
数回にわけて少しずつ混ぜながらやれば、電子レンジでも出来なくはないようですが、やはり味わいを大事にするならちゃんとテンパリングした方が良いようですねぇ。
でも料理用の温度計とか持ってないわん!

>ヤングエース
みかべる先生はいつでも安定してハイテンションですw
好きすぎるw
わたしにみかべる先生を薦めてくれた人達には足を向けて眠れませんが、ネット上の人達なので住んでいる場所がわからずに今日も健やかに眠れます。

マーなんとかはすみません、読んでまm(ry
目次を見たら載ってませんでしたよ!
2010/05/09(日) 23:06:39 | URL | ししゃも #y8j/9w2E[ 編集]
あまぎ様
>>あまぎ様

いやあ、長門有希ちゃんは驚愕の展開でしたね。
わたしは今回、みんなで暴れながらチョコレートを作ったり邪魔したり邪魔されたり、ぐちゃぐちゃになっちゃったチョコレートをしょんぼり渡す長門さんに、キョン君がやれやれと笑って食べたりとかの、コメディだけどちょっとハートフルな回だと思ってたので……。

確かにみくるちゃんはライバルとしては難しいのでしょうね。
とても優しい子だから、長門さんの傍にいたら、きちんと気持ちを汲んで自分から身を引きそうだと思いますし。
ハルヒの場合、自分の気持ちに気づかないまま接近していって、後に引けなくなってしまいそうな感じを受けます。

鶴屋さんは空気読む達人ですし、朝倉さんは長門さんと対立することは考えにくいですしね。

しかしまさかこのような展開になるとは。
キョン君はきっとやれば出来る子。
長門さんを是非大事にしてあげて欲しいです。

>賞とか
あー、今回は賞を取った作品に対してのプロの見方が面白いということを言いたかったのであって、賞作品が凄いとかそういうのではないつもりでした。
わかりにくくてすみません。

わたしは雑誌をほとんど買ってこなかったので、こういった「プロになる作家がプロに評価されている」という現場を知らないので、面白いと思ったわけです。

とはいえ、普段雑誌等を読まない人間が、既刊の心配もなくそれ単体で完結している上に、クオリティが保証されている新人賞作品は手に取りやすいというのは紛れもない事実だと思ってます。
(面白い発想の作品が多いと思いますし)

そういっても、なんとか賞というのが好きなのは否めないですけどねw
特にSFなんかは、やっぱりヒューゴー賞やネビュラ賞のものを手に取りたくなりがちですし。
(海外SF作品は、翻訳されているという時点でクオリティが既に保証されているようなものですが)

それはでも、自分が雑誌を読まないので(現在継続して雑誌を買っているのは、ほんと十数年ぶりのことです)、小説やコミックに関する情報がないというのが一番の要因でしょう。
ほとんどが、本屋で表紙買いになりますから、特にラノベ界では似たような萌え絵の表紙ばかりで手に取る気にもまずならないというのが本音です。

もちろんその中に、ものすごく自分の好みの作品もあるのでしょう。
だからこそ、情報を知り得るかどうかというのが、やはりどれだけ重要であるか。
それをひしひしと感じますね。
(あんまりネットもアニメも見ないので、これ面白そうってのがないんですよね。
 今だとpixivとかのイラスト投稿サイトで、「あーこのタイトル今人気なんだなぁ」くらい)

同人やネット作品に凄い人が埋もれているのは、奈須きのこさん大好きなので十分存じ上げているつもりですが、やはり知ることが出来るか出来ないかというのは大きな壁ですよね。
強いて優劣の差があるとすれば、そこじゃないかと思います。
まぁ、自分のアンテナの感度が低いことへの言い訳なんですけどね。
でも学生の時のように、むやみやたらと手に取ったものを買えなくなっちゃいましたからねぇ……。金銭的にも時間的にも。
古本屋で何冊100円とかで無作為に選んでみたりとか、表紙買いしたりとか(これは今でもしてますがw)昔は色々してました。

本も人も、タイミングで知り得る得ないが大きく変わっていくのでしょうが、せめて出会ったその”もの”に対して、一期一会をモットーに付き合って生きたいものです。
2010/05/09(日) 23:11:37 | URL | ししゃも #y8j/9w2E[ 編集]
ししゃもさんはじめまして
いろんな「消失」感想を知りたくてうろつくうち、ししゃもさんの部屋に行き着きました。
長門さん大好きということで、とてもほほ笑ましいお部屋ですね。
それじゃあ、ご参考URLをお知らせしときます。

長門さんち3Dですよー
では


http://www.syu-ta.com/blog/2010/05/09/055447.shtml
2010/05/16(日) 18:23:37 | URL | mimi #SFo5/nok[ 編集]
mimi様
>>mimi様

初めまして~。
訪問&コメントありがとうございます。

長門さんへの愛だけで頑張ってます!
ということで、消失の感想はかなり長門さんびいきな感じになってしまっているかと思いますが、こういう見方もあるということでおひとつ。

他の方のコメントで意見を補足したり修正していることが多いので、記事だけだとおかしな点もあって解りにくいかなぁと思ったりしますが、少しでも楽しんでいただけたら幸いですよー。

長門さんち3D凄いですよね。
長門スレは多才な方が多くてほんと尊敬しますっ。
2010/05/17(月) 14:24:28 | URL | ししゃも #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poteshishamo.blog114.fc2.com/tb.php/137-070a367f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。